JAの出来事

JAの出来事

2020.11.06食農教育

「満点」で合格を

JA東西しらかわ(薄葉功代表理事組合長)は6日、棚倉町の山本不動尊で、薄葉組合長をはじめ、JA役職員8人が合格祈願米の祈祷を行った。今年は新型コロナウイルスが世界中に蔓延しており、地域住民の健康を祈り、厄除けも実施した。 祈祷した米は、JA東西しらかわオリジナルブランド「みりょく満点コシヒカリ」。 合格祈願米は、JA地域貢献活動の一環として2009年より管内中学校の3年生に向けて贈呈している。高校受験に「満点」で志望校に合格できるようにと願いが込められている。また農業や農産物への理解を深めてもらう意義も持つ。 贈呈する米(1袋1kg)は、13日から管内中学校の3年生に配布する。

また、 11月16日(月)より、JA東西しらかわ農産物直売所みりょく満点物語にて、合格祈願米数量限定で販売する。価格は555円(税込み)。

管内中学校への贈呈スケジュールは以下の通り。

11月13日(金)12:55~ 矢祭町立矢祭中学校

11月17日(火)13:00~ 白河市立表郷中学校

      15:50~ 塙町立塙中学校

11月19日(木)13:10~ 矢吹町立矢吹中学校

11月26日(木)16:00~ 棚倉町立棚倉中学校

11月30日(月)9:00~ 鮫川村立鮫川中学校