JAの出来事

JAの出来事

2020.08.03東西しらかわ

きゅうり現地栽培指導会

7月31日(金)、JA東西しらかわきゅうり専門部会中部支部(根本庸一支部長)は、中部営農センターで第3回現地栽培指導会を開いた。県南農林事務所をはじめ、種苗メーカー、部会員、JA職員計20人が参加した。 生育状況については、梅雨より日照不足が長期間に渡ったため、きゅうりの根張り不良などが生じている。また梅雨明け後についても、急激な気温上昇と日照過多による葉焼け被害などが懸念される。 JA東西しらかわでは、露地きゅうりが出荷後半を迎えているが、部会全体で良品質を追求し、消費者に喜ばれるきゅうりを届けていく。