JAの出来事

JAの出来事

2020.07.02東西しらかわ

良品質を追求して

JA東西しらかわきゅうり専門部会中部支部(根本庸一支部長)は6月24日、部会員圃場で第1回現地栽培指導会を開いた。県南農林事務所、(株)ときわ研究場福島営業所、部会員、JA職員計20人が参加した。 今後最盛期を迎えるきゅうりだが、品質向上を目指した栽培管理を行い、市場が要望する"10月まで出荷出来るきゅうり"の苗木作り指導会となった。 根本支部長は、「JA東西しらかわきゅうり専門部会中部支部として、消費者に喜ばれるきゅうりを皆で作って行こう」と挨拶した。