JAの出来事

JAの出来事

2019.09.24東西しらかわ

塙ライスセンター稼働式・安全祈願式

9月20日(金)、JA東西しらかわ(薄葉功代表理事組合長)は、東部営農センター管内にある塙ライスセンターで、農家所得向上を目標に作業の安全祈願式とライスセンター稼働式を行った。式には、後藤正一郎営農担当常務理事をはじめ、東部営農センター長、組合員、職員など約20名が参加した。 後藤営農担当常務理事は、「すでに稲刈りが実施されているところもあり、田んぼも今か今かと稲刈りを待ち望んでいる様子である。本日ライスセンターの稼働式が開催され、これから稲刈りが盛んになるが、組合員の皆様のご協力をお願いしたい」と挨拶した。 その後、職員よりライスセンターやコンバイン稼働の注意事項が説明された。 現在、管内では稲刈りが順次開始されており、今後カントリーエレベーターの実働も活発化する。