JAからのお知らせ

JAからのお知らせ

2016.02.01東西しらかわ

「コンキリエ」販売開始

◎もちもち食感がくせになる美味しさ/米粉入りパスタ「コンキリエ」販売開始

【東西しらかわ】

 JA東西しらかわ中部営農センターでは、2月1日から新たな6次化商品として基幹作物の米粉とトマト・ホウレンソウを使用した、米粉入りパスタ「コンキリエ」トマト味とホウレンソウ味の販売を開始した。

 コリンキエとは、貝殻型のショートパスタという意味をもつ可愛らしいパスタ。米粉ならではのもちもちとした食感に加え、ほんのりトマトとホウレンソウの風味が楽しめる。13~15分茹で、お味噌汁やクリームシチューに入れたり、サラダやグラタンと料理の幅も広がり美味しい。

当JAでは、平成22年に米粉製粉機を導入。米粉を活用し用途幅を広げることで米の消費と販路拡大に取り組んでいる。同営農センターは、白河市農商工連携促進事業で白河市表郷産の米粉とトマト、ホウレンソウを使用し商品開発した。開発担当した高橋章夫センター長は「何度も試食を繰り返しやっと商品化できた。あわせて米粉100%のライスパスタを近々販売していきたい」と話す。

価格は、トマト味・ホウレンソウ味各250円税込(1袋80g)で、JAの各支店・営農センター、直売所みりょく満点物語で販売中。

写真=「コリンキエをPRする職員」(2月1日福島県白河市で)