営農ナビ

営農ナビ

今日からはじめられる、野菜の育て方を掲載しています。

秋まき長ネギの栽培

 長ネギは、アジア原産のユリ科の多年草でビタミンCを多く含んでいます。ネギの栽培には、主に葉ネギの栽培と白い葉鞘を利用する二つがありますが今回は白い葉鞘の栽培方法について説明いたします。

navi201709.jpg

1 準備
 種まきの2~3週間以上前に苗床を作ります。苗床には完熟堆肥、油かす、化成肥料等を使用します。堆肥を混ぜたら平らにならしておきます。

2 播種 育苗
 条間15㎝でまき溝をつけて、1~2㎝間隔で条播きにします。軽く覆土して鎮圧し、たっぷり水を与えます。※土が乾燥すると発芽率が低下します。もみ殻や不織布で土の乾燥を防ぎましょう。
 発芽後は不織布を取り除き、混み合ったところ間引きします。最終的に株間を4~5cmにして、草丈20cmまで育てます。

3 植えつけ
 苗の植え付け3週間前までには堆肥を入れ耕し、畝を立てておきます。畝の中央に深さ30cmほどの植え溝を掘ります。
 草丈20cm程度になったら植え替えの目安です。苗床から掘り起して1本ずつに分けます。溝に基肥を施肥し、5cm間隔で苗を置いていきます。その後、根が隠れ、株が倒れないように覆土します。(基肥・まんてん7等)

4 管理
 植えつけから1ヶ月後に根元にワラを敷き、分けつ部の4~5cmしたまで土寄せをし追肥も行います。※土寄せと追肥は成長に合わせて収穫までに4回ほど行います。(追肥・畑の達人等)※ネギは雑草に弱いため除草はこまめに行いましょう。

5 収穫
 葉部分の伸びが止まってから40日後が収穫適期です。ネギを傷つけないようにスコップ等で丁寧に収穫しましょう。

6 主な農薬
べと病・さび病...アミスターアプティフロアブル(1,000倍)等
アブラムシ...マラソン粉剤(3kg/10a)等

2017.09.22