営農ナビ

営農ナビ

今日からはじめられる、野菜の育て方を掲載しています。

ナスの栽培

 「秋ナスは嫁に食わすな」ということわざをよく耳にします。この意味については諸説ありますが、秋ナスが美味しいのは誰もが知るところです。しかし、秋ナスを収穫するには、夏を乗り切り秋まで健全に育てることが必要です。

ナスカレンダー.png

1 畑の準備
・植え付け2週間前に、苦土石灰を1㎡あたり約150gまき深さ30㎝位まで耕す。
・植え付け1週間前には基肥を入れ、高さ15㎝位のベット畝を作る。
 ※マルチを敷くと除草に良い

2 植え付け
・無風の日の午前中に植え付ける。
・根鉢を崩さないようにポットから抜き取り植穴に植える。
・植え終わったら根本に軽く水をかけ土を落ち着かせる。
※仮支柱を立てると苗の風よけになる。

3 支柱を立てる
・気温が上がり苗が大きくなったら本支柱を立てる。
・根元から数㎝離して1mから1m50㎝の物を垂直に立てる。普通は1m位。

4 仕立てる
・1番花がついたら、その主枝とその下から出た脇芽を2本残し、3本仕立てにする。

5 敷きワラ
・雨の跳ね返りで葉が病気にならないよう、梅雨入り前に敷きワラする。
※敷きワラの厚さが3㎝以上になると地温が下がり青枯病の発生を抑えるので、始め薄く、気温が上がってきたら厚めにする。

6 追肥
・植え付け1ヶ月後位から、月1回の割合で1aあたり2㎏位追肥する。
※追肥は年間総使用量で1aあたり8㎏になります。

7 収穫
・6月半ば頃から収穫(開花後20~25日後)
※収穫方法は2つあり、一般的な実だけを採る方法と、枝ごと収穫する方法がある、この方法だと草丈が高くならないので管理しやすい。

8 更新選定
・7月下旬に収穫が少なくなってきたら、主枝と2本のわき枝をそれぞれ短く切り戻し、新しい枝に更新する。
※1ヶ月位で開花・結実し始める。

◆ 施肥設計(10a当たり)

区分 肥料名 施肥量(㎏)
土壌改良剤 顆粒苦土生石灰 200
基肥 粒状ようりん 40
まんてん7 200
追肥 あさひエース 80

◆ 病害虫対策

薬剤名 希釈倍率 使用期限 使用回数
ジーファイン水和剤 1,000~2,000倍 前日 -
サンヨール 700倍 前日 4
ダコニール1000 1,000倍 前日 4
ロブラール水和剤 1,000~1,500倍 前日 4
マラソン乳剤 2,000~3,000倍 前日 6
アーデント水和剤 1,000倍 前日 4
サンクリスタル乳剤 300~600倍 前日 -

 

2017.05.15