わたしたちについて

東日本大震災からの復興

平成23年3月11日。国内史上最大となるM9.0の地震が発生しました。未曾有の大震災によってもたらされたのは施設の損壊だけにとどまらず、農畜産物の風評被害という甚大な被害となりました。
 当JAでは、「震災からの復興」「地域農業の再生」「組合員との絆づくりと地域貢献活動」に重点を置き、山積みした問題へ迅速に対応してきました。
年月行事内容
平成23年 3月 東日本大震災・東京電力福島第一原子力発電所事故発生  
平成23年 4月 義援米贈呈  
平成23年 4月 風評被害払拭キャンペーンを開始 関東方面を中心とした市場や各種イベントに参加し、農畜産物の安全性や美味しさを、役職員や生産者自らが伝えた
平成23年 5月 みりょく満点米香港輸出再開セレモニー 福島第一原子力発電所事故による風評被害で、ストップしていた香港向けの米5トンの輸出を再開
平成23年 6月 津波被害復旧支援 JAそうま鹿島地区にてハウスの泥の除去作業
平成23年 6月 ベクレル検査機導入  
平成24年 1月 放射線量土壌マップ作成・調査開始 消費者への安全・安心な農産物の情報提供を目的として、管内のうち約7,000か所の水田と畑の調査を開始。
平成24年 2月 棚倉支店移転オープン 震災で事務所が一部損壊した棚倉支店を移設オープン
平成24年 3月 JA地域放射線量土壌マップ調査報告会 JA管内7,000カ所の土壌の放射線量を測定した土壌マップの調査報告会を実施。
結果は高い場所で0.12μSv程度。
平成24年 4月 農地除染受託作業開始  
平成24年 4月 管内市町村・小中学校へ空間線量マップ贈呈 「子ども達が安心して生活できるように」という目的で6市町村と27の小中学校に空間線量マップを贈呈。
平成24年 7月 役職員160名が南相馬市で復興支援ボランティア活動 全体職員研修の一環として、役職員160名が4班に分かれ復興支援ボランティアを実施。役職員が心を一つにして作業を行い、一刻も早い復興を願った。
平成24年 8月 東部共同農業倉庫竣工 ヤマト福祉財団の助成により、東部地区に低温倉庫を建設。
平成24年 9月 米の全量全袋検査実施 24年産米より、福島県産米の信頼回復と安全・安心確保のため全量全袋検査を実施。
当JAからは基準値を超える米は検出されなかった。
平成25年 3月 表郷給油所移転オープン 震災で一部が損壊した表郷給油所を移転オープン。
平成25年 3月 ファーマーズマーケット「みりょく満点物語」オープン 平成22年より計画を進めていたところに、震災発生。
厳しい時こそ地域活性の拠点、地域の希望となるようにと建設。
平成25年 8月 矢吹中央支店・西部営農センター施設・農産物直売所オープン 震災で一部が損壊した矢吹支店・中畑支店を統合してオープン
平成25年 9月 棚倉農業倉庫竣工 震災で一部が損壊した棚倉農業倉庫を新築。棚倉地区の米約14,100俵を収容し、品質保持を可能にする温度調整機能を備えた低温倉庫。
平成25年12月 植物工場「みりょく満点やさいの家」オープン 風評被害と地域の農業振興の起爆剤として期待を寄せる、完全人工光型水耕栽培施設。
放射性物質に汚染される心配のない野菜を無農薬栽培する。
平成26年 5月 LPG・食材センター移転オープン 震災で一部が被災した棚倉支店敷地内の事務所を新築移転。
平成26年 7月 矢吹ATM移転オープン 震災で一部が被災した矢吹支店敷地内のATMを移転設置。
平成26年 8月 矢吹中央給油所オープン 震災で一部が損壊した旧中畑給油所を移転オープン
平成26年11月 中畑ATMオープン 震災で一部が損壊した中畑支店敷地内のATMを移転設置。